KORGより弊社デザインチューナー2機種発表

薄型ハンディークロマチックチューナー。単4電池2本で駆動します。フォンジャックイン&アウト及びマイクも付いていて、ほぼ無敵?な仕様です。薄さの限界に挑戦しました。特殊なパネルにより光の帯が奥まって見えるため、ちょっと不思議な感じを受けます。発売は10月下旬とのこと。まだ先ですが是非お店でチェックしていただきたいと思います。

詳細はKORGさんのウェブにて→

アルミダイキャストボディーをまとったヘビーデューティーなペダルチューナー。ハンディータイプ同様特殊パネルを採用。視認性が高く、ライブ等でその威力を発揮してくれると思います。こちらも発売は10月下旬予定。ギタリスト・ベーシストの方是非チェックを!

詳細はKORGさんのウェブにて→

 

 

 

hds「V-6c」ユーザーレポート

最近 hds「V-6c」トレモロご購入頂いたユーザー様より嬉しい便りが届きました。ありがとうございます。どうか末永くご愛用下さい。一番のセールスポイントである音色を気に入っていただけたようで良かったです。

_

お客様ブログ→

_

このブログで問題になっている弦高上がりきらないと言う問題ですが、設計上最も腐心したところです。勿論たっぷり余裕を取りたいところですがそうすると全体のバランスが崩れて来てしまいます。ユーザー様の元々のシンクロトレモロの画像見ますと、ちょっと限界?ぽいですね。ネックかネックセットポケットに若干難あり?かも知れません。私が何本かのオリジナルフェンダーやコピー製品でセッティングを試してみた範囲ではこのような問題は見られませんでした。

でも優秀なリペアマンであれば簡単に修正出来る範囲だと思います。何せ木は生き物ですから。

反則技としては、ホルダーの下にに0.5~1mm厚のシムを敷くか、ネックをアジャスト緩めて僅かに順反りにしてやれば解決すると思います。いずれにしても大きな問題ではなさそうでほっとしています。

カテゴリー: news

テスト用ギター&ベースモニター募集(終了しました)

ご応募ありがとうございました。募集は締め切らせていただきました。
_

HDSトレモロユニットとベースブリッジの詳細はこのサイトのPRODUCTS(ウェブショップ)でご覧下さい。

_

1、Fender Storato : American Special 2013/有償モニター可能:75,000円(税込み、送料別途)

2013年島村松本パルコ店にて新品購入。3Pアルダーメイプルネック。現在ほぼ新品同様でネックの状態は良くとても安定感のあるギターです。ロスのお店で1年間店頭展示されていました。hdsオリジナルV-6cトレモロ装着済み。オリジナルシンクロナイズドトレモロも同梱。生音とても良いです。ハードケース&オリジナルソフトケース付き。

_

2、Fender Storato : Vintage59?  2000年代?/モニター(〜6ヶ月)

若干使用感あり。約1年前新宿石橋で購入した中古品です。ネックの状態は問題ありません。既に枯れたとても良い生音がします。3Pアルダーメイプルネック。トレモロの裏板は付いていません。hdsオリジナルV-6cトレモロ装着済み。オリジナルシンクロナイズドトレモロも同梱。ツイードタイプハードケース&高級ソフトケース付き。

_

3、Fender Jazz Bass : American Standard  2010年代?/モニター(〜6ヶ月)

1年半ほど前新宿石橋で購入した中古品です。2Pアルダーローズ指板。ボデー裏面にはベルトのバックルによる細かな傷や凹みがありますが、ネックの状態はとても良く生音は4弦解放ほれぼれします。hdsオリジナルB-4cブリッジ装着済み。オリジナル削り出しブリッジも同梱。ツアータイプのヘビーデューティーなハードケース付き。

_

4、Fender Mexco Jazz Bass : 2014/有償モニター可能:60,000円(税込み、送料別途)

1年前島村松本パルコ店で12万円ほどで購入した新品です。3Pアルダーローズ指板。弊社オリジナルブリッジ販促用店頭展示品で未使用&ほぼ無傷。ネックの状態はとても良く生音はアメリカ製と遜色ありません。hdsオリジナルB-4cサテンカラーブリッジ装着済み。フェンダービンテージタイプブリッジも同梱。オリジナルツイードハードケース付き。詳細はこのブログ内にあります。

http://hdstudio.jp/blog/?p=666

_

カテゴリー: news

あけましておめでとうございます。

あけましておめでとうございます。

平林デザインスタジオの今年のテーマは「リビルド(再構築)」で行こうかなと思います。すでにスタンダードとなっている身の回りの様々な製品は、長い年月にわたって洗練を繰り返し機能的にも構造的にも完成されて変えようが無いと思われています。しかしすべての製品は素材や製作方法もっと言えばコンセプトそのものを見直すことで、新しい価値を持つ可能性を秘めています。永年この仕事をして来て既に年齢的にも失うモノは何もない時期に入って来ました。ここでモノ造りの原点に立ち返って皆がわくわくするようなデザインが出来たら良いなと思っています。今年もどうぞよろしくお願いします。

カテゴリー: news

hds B-4cはFender社ビンテージタイプブリッジにリプレースメント可能

フェンダーメキシコのJazzBassにB-4cをマウントしてみました。全く問題無く搭載。弦振動が安定し立ち上がりも早くなります。是非お試し下さい。

B-4c, B-5cとも当初の価格改定しました。

B-4c:23,000円(税別)、B-5c:26,000円(税別)

在庫は僅かです。ご注文はお早めに!
web shop→

========================================

フェンダーメキシコ侮れません。松本パルコの島村でUSAやJapanなど何本も試奏しましたが、一番音良かったです。フジゲンの開発部長時代、伊達に何百本も観ていた訳ではありません。

木材がどうやって乾燥されたかが一番の音の決め手になります。あまり大き声では言えませんが、かの地はほっといてもどんどんいい状態に。それに比べ輸入の際の過酷な条件や人工乾燥、さらには元々湿度の高い気候など日本製は大きなハンデがあります。

もう一つの要素が塗装。日本の低価格品によくある奇麗なポリ塗装は、木材本来の鳴りを妨げます。

加えて言えばボディーもネックも目の詰まった板目の材料である事が良い音の条件と成ります。柾目では音が上手く伝わりません。特にネックの場合奇麗な半円形を描いていませんと、後々ねじれの原因に成ります。

エレキギターと言えども生音で鳴りと抜けを十分確認してから購入して頂きたいと思います。材料や作り込みの善し悪しがはっきり出ますので。